注文住宅全般

注文住宅の土地探しは業者に依頼できる?自分で探した体験談を紹介!

「注文住宅を建てることに決めたけど、土地探しも業者さんにお願い出来るの?」
「土地だけを買うって難しい!どういう基準で買ったらいいの?」

いざ注文住宅を建てることに決めると、次に大きな課題となるのは土地探しです。

土地なんてどうやって探したらいいかわからないですし、探す手段があっても何を基準に選べばいいかわからないですよね。

この記事では次のようなことを紹介していきます。

  • 注文住宅の土地探しは建築業者に依頼できるか
  • 自分で土地を選んだ体験談
  • お気に入りの土地を手に入れる方法
  • 土地を選ぶ際のチェックポイント
  • 土地探しを始める前に決めておくこと

これから注文住宅用の土地探しをする人には、確実に役に立つ内容です。

この記事を読んで、満足できる土地を手に入れてくださいね。

注文住宅の土地探しは業者に依頼できる?

注文住宅の土地探しは、家を建ててもらう建築業者に依頼することは可能でしょうか?結論から言うと可能ですが、自分でも並行で探した方が良いでしょう。

建築業者に依頼する場合と、自分で探す場合にはそれぞれメリットとデメリットがあります。両方を組み合わせることで、効率よく効果的な土地探しができます。

建築業者に依頼するメリット

建築業者は土地も専門に扱っている所と、そうではない所があります。

どちらだったとしても、土地の上に建物を建てるプロなので、土地に関しても専門的な知識を持ち合わせている場合がほとんどです。

建築業者に土地探しをお願いするメリットとして次のような点があります。

  • 専門家として家を建てる目線で土地探しができる
  • 持っているネットワークを活用できる
  • 自分の時間を使わないでも土地探しが進む

それでは順番に確認していきましょう。

専門家として住宅を建てる目線で土地探しができる

私達、家を手に入れたい側で土地探しをするときの観点といえば、「主に周辺に何があるのか?」とか、「駅までは近い?幹線道路までは?」などの交通アクセスくらいでした。

しかし、家を建ててくれる側の建築業者であれば、次のような観点でもチェックしてくれます。

  • 理想の間取りを実現できるか
  • 建築する際に資材を搬入するアクセス路があるか
  • 住宅を建築する際の制限になる項目はないか
  • 地盤改良が必要か
  • 工事をする際に、周囲とトラブルにならないか

このように、より細かく専門家としての観点でチェックしてくれるので、安心して任せられます。

持っているネットワークを活用できる

建築業者は普段から多くの住宅関係の業者と一緒に仕事をしている為、強いネットワークを構築しています。その中にはもちろん不動産業者もあります。

もしかすると、希望に合致する条件の土地が、業者のネットワークの中から見つかるかもしれません。

自分では確実に切り拓けない領域なので、上手く活用させてもらいましょう。自分のために動いてもらえるような関係を築いておくことが重要ですね。

自分の時間を使わないでも土地探しが進む

土地探しは非常に時間がかかります。特に仕事をしながら住宅の間取りなどのことも考えながらではそんなに時間も取れないです。

建築業者に依頼しておけば、自分が他のことに時間を使っている間にも、土地探しが進んでいきます。

出会える土地の数は、かけた時間によって変わってきますが、自分以外の時間でも新しい土地に出会えるというのはとても重要なポイントです。

まとめ:建築業者にも依頼しよう

このように建築業者に依頼することで、自分では見つけられない土地に出会えるチャンスが広がります。

また、自分で探し、選ぶ場合であったとしても住宅を建てる専門家としての視点で、購入したい土地についてチェックしてもらうことは必要不可欠です。

注文住宅を依頼する業者の選び方!地元の工務店を選んだ経緯と理由

自分で土地を探すメリット

建築業者に土地探しを依頼するだけでなく、自分でも土地を探すメリットはあります。

注文住宅にしたのであれば、任せっぱなしにするのではなく自分でも探した方が、選んだ感覚をしっかり持ち続けていけますよね。

実際、私たち夫婦が住宅を建てたのは自分たちで見つけた土地でした。

  • 本当の希望を分かっているのは自分たちだけ
  • 建築業者の土地の良し悪しがわかるようになる
  • 自分たちで選んだんだ!という気持ちを持ちやすい

それぞれ、確認していきましょう。

本当の希望を分かっているのは自分たちだけ

いくら土地を探してくれる建築業者に、どのような土地がいいのか説明したとしても、どの程度伝わっているかは分かりません。

少しずれて伝わっていたとしたら、建築業者はピッタリの土地だと思っても、自分たちとしてはあまり気に入らないと感じる土地があるでしょう。

自分たちで希望の条件に合致した土地を話し、それを建築業者と共有することで、認識ずれが調整され、理想の土地に近づけます。

建築業者の土地に対して良し悪しがわかる

自分たちで土地を探していると、少しずつ土地に関する知識も身に付いてきます。

すると、建築業者が探してきてくれた土地を比較するときに、希望条件に近いのはどちらの土地か判断しやすいです。

自分たちで何も考えない、探さないでいると、結局建築業者のおすすめに乗ることになってしまいますので、良し悪しは判断できるようにしておきましょう。

自分たちで選んだ気持ちを得やすい

注文住宅を建てるメリットの1つとして、「自分たちで作りあげた!」感が強い点が挙げられます。

しかし、最終的には自分たちで決めたかもしれませんが、土地探しをすべて建築業者に任せてしまっては自分たちで選んだ気持ちを感じにくいです。

少しでもいいので、時間の許す限りで土地探しにも携わりましょう。

まとめ:自分たちでも土地を探そう

結論から言うと、土地探しは建築業者に主体に動いてもらっても全く問題ないと思います。

ただし、希望条件を明確に表現できるようにしたり、比較する際の良し悪しを判断したりするためには、自分たちでも土地探しをしておきましょう。

結果的に満足度が高く、自分たちで作りあげた感覚を得やすいです。

自分で土地を選んだ体験談

私達は、建築業者にも土地探しを依頼しましたが自分たちでもずっと土地探しを続けていました。おそらく10か所以上は実際に土地を見に行ったと思います。

土地を探している中で、どのように探していったのかや、探す際に困ったことなどを紹介していこうと思います。

土地を探すための方法

土地を探すためにどのような方法が考えられるでしょうか?

  • インターネットで検索
  • 地域の不動産業者を訪れる
  • 住みたい地域を回る

実際に、この3つの手段に取り組んで最終的には地域の不動産業者が取り扱っていた土地を購入しました。

インターネットで検索

賃貸住宅を検索する際によく使うサイトでは、同様に土地も扱っています。家にいて検索できるので手軽ですね。

ただしネット上に出ている情報は多くの人の目に触れているため、魅力的な物件はすぐに売れてしまいます。また、そもそもネット上に出てこない物件も多くあります。

地域の不動産業者

住みたい地域が決まっている場合には、地域の不動産業者に行くのも重要です。

昔からの付き合いで依頼をしていたり、ネット上に出すのが面倒だったりで地元の不動産だけが扱っている物件があります。

また、もし仲良くなれば優先的に物件を紹介してくれる可能性もあるため、きちんと希望する物件の特徴を伝えておきましょう。

住みたい地域を見て回る

既に住みたい地域が決まっている場合には、めぼしい土地がないか現地を見て回るのもオススメです。

もし空き地があれば、売りに出されていないか確認したり、近所の方に地主さんがだれか確認したりするのも有効です。

私は確認する所まではいきませんでしたが、地域の雰囲気を知れたので見て回ってよかったなと思いました。

土地探しで困ったこと

土地探しをしている中で困ったのは、土地に関する用語があまり良く分かっていなかった点です。

例えば、「市街化区域」と「市街化調整区域」は両方とも住宅を建てることができますが、価値が違ったり、税金の計算が違ったりします。

他にもいろいろと土地を見るうえで知っておく必要がある言葉がありますが、また別の記事でまとめていきたいと思います。

土地探しで重視していたこと

私達夫婦が土地を探すときに重視していたことは次の点です。

  • 自然が多く感じられる
  • ハザードマップ上で危険度が低い
  • 車でのアクセスがいい
  • 職場に通勤しやすい

このような観点で候補となる土地を絞っていきました。

自然が多く感じられる

私達夫婦は、お互いがそれなりに田舎で自然の多い場所で育ったこともあり、都会よりは自然の多い場所に住みたいと思っていました。

社宅だったマンションは会社に近くて便利でしたが、あまり自然を感じられず息苦しさがありました。その経験もあり、必須条件の1つとなっています。

ハザードマップ上で危険度が低い

ハザードマップで大丈夫だからと言って安心はできませんが、周辺の危険度が高い地域に比べると、少しはましだろうと思っています。

妥協していざという事態が発生した場合、後悔したくなかったので出来る限り危険度が低い地域の中から選びました。

車でのアクセスがいい

お酒をあまり飲まないし、職場への通勤も車なので、車でのアクセスがよいことは重視しました。

単純な距離ではなく、車でどれくらいの時間がかかるか?という観点を持つと、意外と他の人とは違う視点で土地が見れるのではないかと思います。

職場に通勤しやすい

夫婦共働きなので、お互いの職場への通勤時間は重要です。

私は職場から少し遠い所になってしまいましたが、大きな幹線道路があり、渋滞の時間をずらせばストレスなく通勤できる時間なので、まあいいかなと思っています。

ただ少しでも時間がずれると、かなりの渋滞につかまるのはかなりストレスを感じます。早く在宅勤務が進まないかなと思っています。

土地を自分で探してみた感想

今回、自分たちで土地を探してみて感じたのは、「難しい」ということです。

  • 希望条件の優先順位付け
  • どこまで妥協できるのか
  • 朝昼晩で姿が異なる
  • 住んでから変わることがある
  • 住んでみないとわからないことがある

これらをどうやって決めていくのか、ある程度割り切るのかということが難しかったです。

最終的には、ある程度腹を括って割り切ったことで何とか決められました。

特に「優先順位付け」と「妥協する水準」は言葉だけで議論をしていてもなかなか進みません。実際に土地を見て、その地域を見て、条件のすり合わせが必要です。

普段から色んな場所に行って、「住むとしたらどうか?」という意見交換をしておくと、上手くできるのかなと思っています。

土地を選ぶ時のチェックポイント

土地探しをする際には、「どのような基準で選んでいくのか?」とか、「基準ごとの優先順位はどうするのか?」といった点を整理しておくべきです。

基準となるチェックポイントの一例を紹介していきます。これらは一例であり、家族での議論した内容に応じて変えていく必要があります。

一般的な価値基準と、自分たち家族の価値基準、こだわりが異なっていると感じる場合には、調べても出てこないチェックポイントがあるはずです。

  • 土地の広さ
  • 周辺の施設や近隣住宅との距離
  • 直近で分かっている開発計画
  • ハザードマップ
  • 朝昼晩の環境
  • 土地の使用用途

チェックポイントにしておくことで、後から考慮し忘れてたということがなくなり、満足のいく土地決定に近づきます。

また、できれば見た土地に対して点数をつけておくことで、後から比較するときにどの程度が基準になるのかが決まってくるでしょう。

できれば優先順位も含めて、各項目に対して重みづけをしておくと機械的に判断できるかもしれません。

土地探しで大事なこと

土地探しは本当に運やタイミング勝負だと思います。

妥協したくない条件がある場合には、その運やタイミングで勝負できる幅を広げる為に、建築業者に依頼したり、地元の不動産業者と仲良くなったりすることが必要です。

せっかくいい物件が出たとしても、悩んでいる間に他の人に購入されてしまうかもしれません。特に人気のある地域ならなおさらです。

少しでも早く判断ができるようにチェックポイントを用いて判断基準を明確にし、判断する時間を作るために、周囲の協力を得る活動をしましょう。

土地選びは失敗すると、いくら理想的な注文住宅を建てたとしても満足の行く新しい生活を送れなくなる可能性があります。

上手くバランスを取りながら、夫婦で相談しながら進めていきましょう。