注文住宅全般

建売住宅ではなく注文住宅を選んだ理由!メリットデメリットを確認!

「一戸建てでも建売と注文があるのか。実際、どっちの方が自分に合っているのかな?他の人はどうやって決めたんだろう。」
「注文住宅にしたいけど、値段が高いのがネックだよね。すごくこだわりたいわけじゃないんだけど、建売だと物足りないよね。」

いざ一戸建てを買おうと決意しても、建売住宅を買うのか、注文住宅を買うのかで悩む人は多いのではないでしょうか?それぞれの違いがいまいちよくわからない人もいると思います。

私たち夫婦は最初から「一戸建てを建てるなら注文住宅!」と決めていましたが、明確に決めれない人の方が多いですよね。

この記事では次のようなことを紹介していきます。

  • 建売住宅のメリットとデメリット
  • 注文住宅のメリットとデメリット
  • それぞれどんな人が向いているの?
  • 私達夫婦が注文住宅を選んだ理由

この記事を読むと、建売住宅、注文住宅それぞれのメリットデメリットを把握し、家族でどちらがいいか相談できるようになります。

また、私たち夫婦の例も紹介しますので少しでも参考にして貰えると嬉しいです。

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅はその名の通り、既に土地に住宅が建てられた状態で、土地と住宅がセットで販売されています。また、分譲住宅も同じような意味合いで使われる言葉です。

最近では、完成前の建売住宅も売りに出されるなど、段々と販売タイミングが早期化されているような印象を受けますね。

注文住宅とよく比較されますが、建売住宅にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?また、どんな人に向いているのでしょうか?

建売住宅のメリット

建売住宅の持つメリットを確認していきましょう。既に完成していたり、決まっていることで安心できる。手間がかからないというのが主なメリットですね。

新築でもコストを抑えられる

  • 土地の一括取得
  • 間取りなど仕様設計の統一・共通化
  • 打ち合わせ回数の削減
  • 材料調達コストの低減

建売住宅の場合には似たような仕様の家を建てたり、一軒ごとの打ち合わせ回数を減らすことで建築にかかる費用を抑えています。

注文住宅と建売住宅でまったく同じ仕様だった場合、建売住宅の方がコストを抑えられます。

引き渡しまでの期間が短い

建売住宅は、既に土地も建物も完成しているため、申し込んでから家が建築されているのを待つ必要はありません。

最近は完成前の建売住宅も出ていますが、それでも必要な手続きをしている間に工事は進み、長くても3ヶ月程度あれば引き渡しができるでしょう。

決めなければいけないことが少ない

既に土地も、建物も決まっていることがほとんどなので、自分たちや業者さんと調整して決めないといけないことが少ないです。

打ち合わせ回数も最低限でできますし、あまりこだわりが無くて決めるのが苦手な方は既に決まってしまって選択の余地がない方が嬉しいかもしれませんね。

価格がはっきりしている

建売住宅は既に土地も建物も決まっているため、価格の変動要素が少ないです。予算が限られている場合には、変動要素が大きいと心配になってしまいますよね。

その分、他の用途に予算を回したりいざというときのために資金を確保しておくなど柔軟な対応が出来るのは魅力的です。

購入前に物件が確認できる

住宅は図面上だけで見てもあまりイメージがわかない人がほとんどでしょう。

最近は3DのパースやVRなどの活用でよりリアルに感じられるようになってきましたが、それでもやはり実物にはかないません。

実際に触れて、感じてみて初めて分かることもありますので、購入する家そのものを購入前に確認できるというのは大きなメリットといえます。

建売住宅のデメリット

一方で、建売住宅にはメリットの裏返しとなるデメリットもあります。私たち夫婦はこのデメリットの部分がどうしても気になってしまい、建売住宅を選択肢に上げませんでした。

土地と建物がセットになっている

建売住宅は土地と建物がセットになった状態で販売されます。

どうしてもその土地が良かったとしても、建物が気に入らなければ購入できません。逆に建物のデザインや内装が気に入っても、立地が気に入らなければそれも購入できません。

組み合わせたときに全体として満足できないといけないので、購入するまでのハードルを下げるか、時間をかけて探さないといけないのは大変です。

設計変更の自由度がない

建売住宅の場合には、既に出来上がっている状態がほとんどなので、設計変更をする自由度がほとんどありません。

こだわりがない人にとっては面倒が少ないのかもしれませんが、自分がこだわりを持って取り入れたいものを実現できないのは辛いですよね。

個性が感じられない場合が多い

建売住宅は多くの人に選択肢に入れてもらえるように、無難な作りにしている場合がほとんどです。結果的に似通ったデザインや間取りになってしまいます。

例えば、次のようなものが取り入れられた建売住宅はほとんどありません。

  • 吹き抜け
  • ハンモック
  • ワインセラー
  • ガレージ
  • ボルダリングウォール

個性的で持ち主のこだわりが感じられる家を間取りレベルで実現するのは難しいですね。購入後にリフォームするか、工事をせずにできる範囲になってしまいます。

建売住宅に向いている人

建売住宅のメリットとデメリットを見てきましたが、建売住宅を購入するのに向いている方はどのような人でしょうか?

  • 強いこだわりがない人
  • できるだけ早く引っ越しがしたい
  • 新築がいいけど予算がない
  • 打ち合わせをたくさんする時間が取れない

建売住宅が向いている人はこのような人です。それぞれ理由を確認していきます。

強いこだわりがない

建売住宅は既に出来上がっている住宅です。購入してくれる層を増やすために、あまり奇抜なデザインや好き嫌いが分かれるデザインにはなっていません。

全体的にバランスがよく無難な作りになっていますので、それほどこだわりが強くないのであれば、気に入る住宅を早く見つけられるでしょう。

早く引っ越したい

これから土地を探して、間取りやデザインを決めて、さらに実際に家を建てる。多くの場合半年以上かかってしまいますし、中には1年以上かかる場合もあります。

建売住宅であれば既に出来上がっている家を購入するため、待つ時間がほとんどありません。早ければ2,3ヶ月で自分の家を手に入れられます。

何らかの理由で引っ越しや新築の購入を急いでいる人にはオススメです。

新築がいいけど予算がない

どうしても中古住宅には抵抗がある。でも、そんなに資金にも余裕はない。そんな人にも建売住宅はオススメです。

間取りを共通化したり、土地を一括で購入したり、打ち合わせの回数を減らしたり。効率よく建設されているため建築コストを下げることができます。

結果的に販売価格も抑えることができるので、手の届きやすい価格を実現できます。

打ち合わせの時間が取れない

仕事や家庭のことが忙しくて、どうしても頻繁に打ち合わせをする時間が取れない!そんな人も多くいるでしょう。

建売住宅であれば多くの仕様が既に決まっている為、何度も打ち合わせをしたり、家族会議を開く必要はありません。時間を節約できるのは貴重ですね。

注文住宅のメリットとデメリット

建売住宅と比較されることの多い注文住宅は、土地と住宅を別々、もしくは一括で購入し、住宅の仕様を自由に決めていく住宅を指します。

注文住宅はこだわりが強く、資金に余裕のある人が建てているイメージがあるかもしれませんが、さまざまなものを選択できるためある程度価格を抑えることも可能です。

それでは、注文住宅のメリットとデメリットを見ていきましょう。

注文住宅のメリット

注文住宅には建売住宅にはない多くのメリットがあります。私自身も注文住宅を建てた理由は、このメリットのいくつかに惹かれたからです。

  • 家族のこだわりを詰め込める
  • 使われている材料や材質がわかる
  • 建築の過程を見れる
  • 予算の調整ができる

それぞれ見ていきましょう。

家族のこだわりを詰め込める

注文住宅には家族のこだわりを詰め込めます。

  • お気に入りの車を家の中から眺められるカーポート
  • 愛犬のための広いドッグラン
  • 子供が室内でも遊べるすべり台やボルダリングウォール
  • あこがれの秘密基地になるロフト
  • 集めたワインを貯蔵するワインセラー

このようなこだわりを詰め込んだ住宅を実現するためには、注文住宅でなければ不可能です。「こんな家に住みたい!」という理想を実現してくれます。

何が使われているかわかる

建売住宅の場合には、購入する際に家が完成していることがほとんどです。その場合、建築資材にどのようなものが使われているか確認できません。

一方で注文住宅であれば、自分たちで間取りや材料を決めていくため、どんな材料がどれくらい使われているのかを確認できます。

場合によっては、身体によくない素材があったり、ハウスダストのアレルギーを持っている人もいるので、重要なポイントですね。

私達はできるだけ自然素材を使った家を作りたかったので、注文住宅にしました。

建築の過程が見れる

建築の過程も建売住宅では見れず、注文住宅ならではですね。

あまり考えたくないですが、建売住宅で完成してしまっている状態では適当に工事がされていたとしても気づくことは難しいです。

注文住宅であれば自宅が建築されている過程をいつでも確認できます。実際に私たち夫婦は、二人の予定が合った日には毎週のように見に行っていました。

段々と出来上がっていく我が家を見れるのも、とても楽しい時間です。

予算の調整ができる

注文住宅というと高価なイメージですが、予算を調整できるのもメリットといえます。

建売住宅の場合には仕様の変更ができませんので、これも自分たちで仕様を調整できる注文住宅ならではないでしょうか?

最初はこだわりをたくさん詰め込み、予算との兼ね合いから譲れる部分を少しずつ調整していくことで、納得感がありながら予算に抑えられた魅力的な価格を実現できます。

注文住宅のデメリット

一方で、注文住宅にはもちろんメリットだけではありません。人気がある一方で諦める人が多いのはデメリットもあるからです。

  • 価格が高くなりがち
  • 引き渡しまでの時間が長い
  • 打ち合わせに時間がかかる
  • 土地と住宅の支払い・ローンが煩雑
  • 実物を見られない

人によっては気にならないものもありますが、いずれも大きなデメリットになる可能性があります。確認していきましょう。

価格が高くなりがち

注文住宅の多くはそのイメージ通り価格が高くなりがちです。

建売住宅に比べると、1軒の家を建てるまでに必要な打ち合わせ回数が多く、材料や土地を一括購入することもできないため当然です。

ただし、費用対効果という面で観れば使う材料やデザインをしっかり選んでいけば、納得できる金額で建てられる場合が多いでしょう。

引き渡しまでの時間が長い

一戸建ての家が欲しいなと思ってから、引き渡しが完了するまでには長い時間がかかります。

打ち合わせ期間が長いだけでなく、特に地元工務店などの場合には、少人数の大工さんでじっくり建てるので、建築にも時間がかかる場合が多いです。

短くても半年程度は余裕を持っておく必要があるでしょう。

打ち合わせに時間がかかる

とにかく決めなければいけない項目が膨大にありますので、打ち合わせに時間がかかります。

  • 間取り
  • 外壁・内壁の素材やデザイン
  • 天井・床の素材やデザイン
  • 造作
  • 水回りの設備
  • etc

項目を挙げ始めるときりが無くなってしまいますので、打ち合わせにはかなりの時間が必要と理解しておきましょう。

土地と住宅の支払い・ローンが煩雑

建売住宅の場合には、基本的に土地と住宅がセットになって販売されていますので合わせて支払、住宅ローンを借りることが可能です。

注文住宅も建築会社や状況次第ではあるものの、土地と住宅を取得をするためにお金を払うタイミングは異なることが多いです。

まず最初に土地だけを購入して住宅ローンを申し込む。次に住宅を建築して引き渡しの際に次の住宅ローンを申し込む。という場合があります。

手続きが多くなったり手数料が2度かかったりする場合もあるので、注意が必要です。

実物を見られない

注文住宅の気になる点として、購入前には実物を見られないという点も挙げられます。

まずは図面で間取りや全体の傾向を掴み、最近ではパースやVRなどイメージしやすくする為の工夫が充実してきましたが、肌触りやその場の空気は体感できません。

どうしても実物を見ないと心配な人は、辞めておいた方が良いでしょう。

注文住宅に向いている人

ここまで注文住宅のメリットとデメリットを確認してきました。いずれも住宅の選択に大きな影響を与えるもので、意見が分かれそうな内容です。

注文住宅にはどのような人が向いているのか紹介します。

  • どうしても実現したいこだわりがある
  • 資金に余裕がある
  • 急いで引っ越さなくてもいい
  • 打ち合わせの時間を十分に取れる
  • 建築の過程が見たい

それでは確認していきましょう。

どうしても実現したいこだわりがある

多くの人には共通していないであろう自分だけのこだわりを持っている場合、注文住宅でしか実現できない場合が多いです。

  • 立地と住宅の組み合わせ
  • 住宅のデザイン
  • 住宅に用いる素材
  • 特徴的な間取り

他にも強いこだわりを持っている場合、建売住宅では満足できないでしょう。注文住宅の業者に実現できるか確認してみると良いですね。

資金に余裕がある

仕様を変更することで予算を調整はできますが、どうしても注文住宅の場合にはある程度の資金が必要になってきます。

こだわりが強くてもお金がかかって実現できず諦めざるを得ない場合があるので、資金に余裕を持っておきましょう。余裕があればお金のかかるこだわりも実現可能です。

逆に余裕がないと結果的に建売住宅と似たような仕様だけど、打ち合わせ回数分金額が高くなってしまった。ということも考えられます。

急いで引っ越さなくてもいい

すぐに新しい家に引っ越さないといけない何らかの理由がある場合には、避けておいた方が無難です。

打ち合わせの頻度を増やしたり、大工さんに無理を言って対応してもらったりと短納期にする調整は可能かもしれません。

ただその分、条件のすり合わせが不十分だったり工事にミスが生じやすくなったりと、後悔する事態になりかねませんので、急いでいる人は避けた方が良いですね。

打ち合わせの時間を十分に取れる

決めないといけない内容が膨大にありますので、打ち合わせの回数が多くなります。

じっくり時間を取って考えながら決めていかないと満足のいく仕様は実現できません。自分のイメージを担当者さんに伝えながら、引き出しを開けていく。

そういう地道な作業の積み重ねが理想の住宅を実現することに繋がります。

建築の過程が見たい

建築の過程が見たい場合には、注文住宅にすべきだと考えます。

多くの場合、建築にもしっかりと時間を取って作りあげていくので我が家ができ上るまでの、さまざまなシーンを確認できます。

実際に、私は大工さんや左官職人さんと会話をさせて頂き、家のことを教えて頂いたのでとても勉強になりました。そして、安心して待つことができました。

注文住宅を依頼する業者の選び方!地元の工務店を選んだ経緯と理由

妻のこだわりを実現したい

私たち夫婦は建売住宅ではなく、時間がかかっても、多少割高になったとしても注文住宅を選択しました。

その理由を一言で言うと、「妻のこだわりを実現したかったから」です。それが実現できただけでも、十分に価値のある買い物ができたのではないかと思います。

妻は人と同じものが好きではない

私の妻は、人と同じものが好きではありません。

建売住宅の中には、ある分譲されているエリアで似たデザインの住宅が多く並んでいることがあります。好みは人それぞれだと思いますが、妻は隣の家と似たようなデザインには、住みたくありませんでした。

みんなが持っているブランド品よりも、ブランドが有名でなかったとしても、自分が価値を感じるこだわりが込められた製品が好きです。

そんな妻の希望を実現するためには、建売住宅ではなく注文住宅しか選択肢がなかったと今でも思っています。

お金が足りないならその分稼げばいい

注文住宅にして、しかもそれなりにこだわりを詰め込んだ住宅を建てるにはお金がかかります。結婚してからもそれほど年数が経っているわけではありませんでしたので、金銭的な余裕もありませんでした。

でも長く住む可能性が高い住宅に関して、こだわりを実現できずに妥協してしまうと、後悔が大きくなるのではないかと思う気持ちがとても強かったのを覚えています。

もしお金が足りないなら、その分を何らかの手段で稼げばいい。そういう考え方になってからは、不要な分は削減しますが、少し余裕を持って打ち合わせに臨めたと思います。

結果的に私も妻もフルタイムで共働きをしており、私はさらにwebライターの副業にも取り組んでいますが、後悔はありません。

働くことで得られた出会いやスキル、さらに副業で身につけた本業以外でも稼げるという自信は、副産物ではありますがとても貴重です。

住んでいて、もう少しこうしておけば良かったなーと思うことはもちろんありますが、それでも注文住宅を建てたという選択には、後悔はありません。