注文住宅全般

注文住宅の完成住宅見学会に参加する際のチェックポイントと注意点を解説!

「完成住宅見学会って、実際に建てた家を見れるんでしょ?貴重な機会だから、ちゃんとチェックしないと。」
「実際の家を見れるのは嬉しいけど、施主さんにも会わずに見学しちゃってもいいの?」

実際に建築を依頼する業者さんを選定する過程で、モデルハウスではなく完成住宅見学会に参加することはとても重要です。

ただ実際に建てられて、引き渡しされる前の住宅を見る機会はとても貴重なので、気になるポイントを見逃さずにチェックしたいですよね。

この記事では、以下のような点を紹介していきます。

  • 完成住宅見学会はどのくらいの頻度で開催される
  • 完成住宅見学会で忘れずにチェックするポイント
  • 完成住宅見学会に参加する際に気を付けるべきこと
  • 完成住宅見学会中の住宅は誰のもの?

それでは、安心して完成住宅見学会に臨めるように、この記事を読んで完成住宅見学会の注意点やチェックポイントを学んでおきましょう。

完成住宅見学会の開催頻度は?

そもそも完成住宅見学会は、どの程度の頻度で開催されているのでしょうか?また、大体何人くらいが参加可能でしょうか?

実際に、どの程度の頻度で、どのように開催されるのかは、建築業者によって異なりますが、私が実際に参加した2社に関して紹介します。

中堅ハウスメーカーの場合

まず初めに、中堅ハウスメーカーの場合です。全国規模ではないものの、地域ではある程度知名度があり多くの人が検討の対象にするのではないかと思います。

ある程度の規模があるメーカーは建築数が多く、県内で自分がストレスなく参加できる地域だけでも、大体2週間に1回は開催されていました。

開催の形式は、特に予約制などではなくハウスメーカーの社員が2,3人いる所に、見学したい家族が来場して、注意事項確認後はある程度自由に見学するイメージです。

家のことを聞きたい場合には、ハウスメーカーの方に自分から質問をしないと、なかなかコミュニケーションを取れないような状況でした。

また、妻と話したのは、自分たちの家を完成住宅見学会に使う際には、「こうして不特定多数の方が見学に来るような完成住宅見学会は嫌だね。」と相談していたことを覚えています。

小さな子供もいますし、悪気がなかったとしても遊んでいる最中にぶつかってしまったり、何かを傷つけてしまうこともあるでしょう。

誰が傷つけたのかもわからない状態は、後がすっきりとしないですよね。建築業者さんがキレイに直してくれたとしても、やはり新品と修繕後は感じ方が変わります。

これが、一社目の完成住宅見学会でした。

地元工務店の場合

次に参加したのは地元の工務店です。実際に私たちが住宅建築をお願いした工務店さんで、少し検討時間が長かったこともあり、多くの完成住宅見学会に参加させて頂きました。

少し離れた地域まで含めると2週間に1度程度は完成住宅見学会を開催していましたが、参加できる人は基本的に予約制で、1日当たりの数も制限されていました。

完成住宅見学会の当日も、玄関から営業さんと一緒に入り、どのような考えで仕様を決めていったのか?だとか、こういう点がこだわっているポイントとか、具体的なエピソードを話しながら、説明してくれたのが印象的です。

こうして、ある程度内覧する人数にも制限がかかり、きちんとコントロールできる範囲で内覧をしてくれるのは、実際に家を建てる側になるととても安心感があります。

こうして多くの住宅を内覧していく中で、こだわりのある住宅が多くだんだんと魅力を感じるようになり、注文住宅の建築をお願いしました。

完成住宅見学会でのチェックポイント

完成住宅見学会は本来、そう頻繁に参加できるものではありませんので、1回1回の機会を確実に活かす為に、事前にチェックポイントを明確にしておきましょう。

自分が購入した際の完成住宅見学会についてチェックポイントはよく紹介されていますが、他の人の家を見る際にはどのような点に着目するべきでしょうか?

  • 全体的なデザイン、統一性(多様なデザインができるか)
  • 施主さんの想いを営業さんが話せるか?実現できているか?
  • 予算・価格
  • 仕上げの丁寧さ
  • 自分たちが暮らすなら

私自身は、特に紹介した4点が重要だと感じています。その理由を順に確認していきましょう。

デザイン・統一性

好みのデザインを実現できるのかどうかは気になる所です。他の方の家なので、好みに合わない部分があるかもしれませんが、気に入るポイントが多くあれば、満足度の高い家を建てれる可能性が高いでしょう。

また、家全体のデザインが施主さんの趣味以外の部分は、統一性が保たれているか?という点も確認しておくと良いですね。建築業者さんのセンスや提案力が試されます。

また、同じ建築業者の完成住宅見学会に複数回参加する場合、参加した会によってどの程度デザインや住宅の雰囲気が異なるのかを確認しておくと良いでしょう。

統一したコンセプトや考え方、特徴はあると思いますが、それ以外の点で違いが見えるようであれば、それが引き出しの多さを表しています。

施主さんの想いを語れるか?

魅力的な住宅であるだけでは、任せるという判断にはまだ早いです。

その住宅には、「施主さんのどんな想いが込められていて、なぜそういうデザインにしたのか?」という点を、説明してくれる方がきちんと話せるか確認しましょう。

案内してくれる本人が担当ではなかったかもしれませんが、それでも完成住宅見学会の案内をするのであれば、住宅のことと施主さんの情報はきちんと把握していて欲しいですね。

情報共有がきちんとされているかの判断基準と、施主さんの想いをどの程度反映できているかの大事なチェックポイントとなります。

情報共有が社内でされていれば、営業さんだけでなく、設計・工事管理・デザイナーなど様々なメンバーにも必要な情報が共有されていると判断できます。

また、客観的に素敵な家であっても施主さんの想いが実現できていなければ、自分たちが満足できる家は建てられないからです。

予算・価格

注文住宅は、どの素材を使い、どんなこだわりを込めるかによって大きく金額が変わってきます。気にならない人にはわからないような違いで、数十万、数百万変わることもあります。

内覧した家がどの程度の価格帯なのか?また、どの部分にお金がかかっているのか?という点はきちんと確認しておきましょう。

明確に金額を教えてもらえなかったとしても、大体は聞いておくべきです。この時点である程度自分が建てたい家の金額も目安が分かるでしょう。

もし踏み込んで話が聞けるのであれば、価格を抑えながら似たようなデザインが出来るか?などを気になるポイントに確認するのがおすすめです。

ここで、いい代替案を出してくれるようであれば優秀な営業さんかもしれません。

もしいい回答が返ってこなくても、ダメという訳ではないと思います。

仕上げの丁寧さ

ここは自宅の完成住宅見学会でも確認すべきポイントですが、せっかくいい間取りやデザインだったとしても細部の仕上げが丁寧かどうかは確認しておくべきです。

特に、少し目につきにくい場所にこだわっているか?という点が重要で、例えば階段の下とか、あまり頻繁に使わなそうな部屋とか、隅の部分をチェックしましょう。

ここだけで、良し悪しがわかるわけではありませんが、少なくともこの時点で仕上げをいまいちと感じるのであれば、自分の家でもきっと後悔してしまいます。

迷惑がかからずにできる範囲で、確認しておくと、後悔する確率を減らすことができます。

自分たちが暮らすなら

「自分たちが、見学している住宅で過ごすとしたら」という風に考えながら見学することで、ただ見学するよりも気が付く点が多くなるでしょう。

もし、気に入らない点があればそれは直せるのか確認したり、どう使うか考えたりすることで初めての間取り設計に対してシミュレーションができます。

この心構えを持っているだけで、多くのチェックポイントを意識しておかなくてもある程度カバーすることができます。

完成住宅見学会参加時の注意点

完成住宅見学会は、実際にこの後施主さんに引き渡される住宅を確認させて頂く場です。最低限守るべきマナーがありますので、ここでは注意点を確認します。

自分が引き渡された新築住宅に、誰かが内覧したことで傷がついたり、気になることがあったりするのは嫌ですよね。最新の注意を払いましょう。

  • 建物を汚さない
  • 不要に情報を記録しない
  • トイレは外で済ませる

当たり前のことかもしれませんが、理由も含め再度確認していきます。

建物を汚さない・傷つけない

これから新築住宅として施主さんに引き渡される前の物件です。建物を汚さないように、傷つけないように心がけましょう。

ただ単に気を付けていたとしても、思いもよらないことは発生するものです。

例えば、スマートフォンを落としてしまったり、時計やアクセサリーがひっかかっただけで傷がついてしまう可能性があります。

また、子供と一緒に見学する場合には子供が思いもよらない動きをすることで、ぶつかって傷つけてしまったり、汚してしまう可能性があるので、最新の注意を払いましょう。

できるのであれば、できるだけリスクを排除するために子供は連れていかないようにしたり、アクセサリーやバッグなどは持ち込まないようにしましょう。

また、気をつけるのは屋内だけではありません。外観や外構など家の周囲やその土地以外の周辺に対しても影響を与えないように配慮が必要です。

不要に情報を記録しない

住宅の間取りやデザインは個人情報です。メモ程度なら構わない可能性が高いですが、勝手に写真を撮ったりするのは避けましょう。

どうしても気に入ったデザインがある場合には、説明してくれる業者の方に確実に許可を取ってからにしないと、最悪の場合にはトラブルにつながる可能性もあります。

自分たちが建てている家を完成住宅見学会に出す際にどう感じるか?という点は最大限考えておきたいですね。

そこから先は人によって感じ方は違うので、さらに注意するにこしたことはありません。

トイレは外で済ませる

見学する建物は住宅なので、もちろんお手洗い・トイレは家の中にあります。

しかし、どれだけトイレに行きたくなったとしても目の前にあるトイレは使えません。特に子供がいる場合には勝手に使ってしまわないように注意しましょう。

ある程度長い時間確認する場合もありますし、近くにお店などがない場合もあります。

トイレは見学会の前に確実に済ませてから見学会に参加するようにしましょう。

完成住宅見学会中の住宅は誰のもの?

完成住宅見学会はとても貴重な機会ですが、参加したことがある人は分かる通り、施主さんと会う事はまったくなく、あくまで建築会社の方がいるだけですよね。

他の人の家なのに、勝手に入っていいのかな?と疑問に思ったことはないでしょうか?

実は、完成住宅見学会を開催している最中は基本的に住宅の持ち主は建築会社になっています。知らない人も多いのではないでしょうか?

建築している住宅が建築会社から施主さんのものになるタイミングは、多くの場合住宅が完成し、料金の振り込み手続きが完了したタイミングです。

それまでは自分が建てている家とはいえ、勝手に出入りしたりできないんですよね。注意が必要です。

ただし、住宅会社に権利があるからといって勝手に開催されることはありません。きちんと事前に確認があり、断ることもできます。

ただ、建築業者としても良い広告になりますので、多くの場合には謝礼として値引きを交換条件に開催の許可を得ることもあるようですね。

実際に私たちは値引きをして頂くことを条件に、完成住宅見学会を開催してもらいました。特に引き渡しの際に気になる点はなく、まったく問題ありませんでしたね。

まとめ

今回は、注文住宅を建てる際にとても参考になる完成住宅見学会について紹介してきました。

開催頻度やチェックポイント、注意点に毛色を変えて住宅の権利などさまざまな点に触れてきましたが、特にチェックポイントは重要です。

少しでも満足度の高い注文住宅を建てるために、「自分だったらどうするか?」という点を特に意識して臨みましょう。

間取りやデザインを考える際の事前シミュレーションになりますし、参考となるさまざまなアイディアを得ることが可能です。

ぜひこの記事で紹介したチェックポイントや注意点を頭に入れて参加してみてください。

建築業者の選び方、私の体験談はこちらの記事で紹介しています。完成住宅見学会は選択にあたって大きな材料の1つですね。

注文住宅を依頼する業者の選び方!地元の工務店を選んだ経緯と理由注文住宅を建てるときに悩む建築業者の選び方。大手ハウスメーカーや地元の工務店などさまざまな業者があります。実際に私たちがどうやって絞り込み、最終的に地元の工務店に依頼したのか?その理由と経緯を紹介します。...